アタマジラミ 放置

アタマジラミの放置による弊害と対処法


アタマジラミは頭髪に住み着いて血を吸う寄生虫の一種で、痒みや皮膚の傷みなどのトラブルに見舞われるのが特徴です。
そのまま放置すると痒みが増し、頭皮を掻き毟って出血してしまうこともあります。
また、頭髪の中で卵を産んで数を増やし、ブラシなどの道具を介して他者に移ることもあります。
見栄えも悪くなるので症状が現れたら速やかに適切な治療を受けることが健康を維持するための心得です。
アタマジラミは人間の頭髪内で繁殖することから季節を問わずに症状に見舞われる危険性があります。
また、対処法を誤ると却って痒みなどの症状を増してしまうので注意が必要です。
特に子供の頭皮は柔らかく、アタマジラミが吸血しやすい環境なので日頃から健康状態に気を配ることが大切です。


スポンサーリンク


アタマジラミによる症状は自然治癒しないので、そのまま放置せずに治療を受ける必要があります。
寄生虫による疾患は発症の原因である寄生虫を駆除することが完治の条件なので、専用の薬剤で適切な処置を施すことが状態の改善に繋がります。
また、治療を終えても再び寄生されてしまうこともあるので日頃からアタマジラミが住み着かないように衛生管理に気を配るように心がけます。
頭髪の衛生状態を良好に保ち、場合によっては頭髪を全て取り除いたうえで頭皮の状態を改善させることも必要な対処の一つです。
他者へ移すのを防ぐために日用品の使い回しを避け、常に清潔に保つことが社会的なマナーになります。
子供の感染予防は保護者が気を配るのが効果的です。


スポンサーリンク