アタマジラミ 布団

アタマジラミは布団の天日干しが有効


アタマジラミというのは、人間の頭髪、それも地肌に近いところに生息するシラミの一種です。
この寄生虫は普通のシャンプーや入浴では予防・駆除することは出来ません。
どんなに清潔な環境を保っていても頭髪が直接接触することで伝染し、早い段階では気づきにくいので、知らぬ間に多くの人が伝染してしまうのです。
とは言え、飛沫感染などをすることはないので、普通に生活している分には心配はないのですが、タオルや衣服を共用するのは望ましくありません。
アタマジラミは、幼虫も成虫も吸血するのが特徴です。
すると、掻痒感が強いので思わず掻いてしまい、皮膚が炎症を起こす可能性があります。
そんなアタマジラミの弱点は、高温と乾燥です。
ですから、枕カバーやシーツなどは毎日交換し、布団も頻繁に天日干しするのが効果的です。


スポンサーリンク


また、人工的に退治するならば布団乾燥機やアイロンを用いるのも賢明です。
頭髪から落ちたアタマジラミは、手足や衣服から再び感染することはないのですが、念のため毎日床に掃除機をかけておきましょう。
小さな子供がいる家では、ぬいぐるみなどにも頭髪がついている可能性は充分にあります。
その場合には、吸血出来ない密閉状態に閉じ込めておけば、死滅します。
アタマジラミを予防したり、治療したりする方法としてはまず散髪が挙げられます。
髪の量が減れば、それだけ住みにくくなるのは当然です。
しかし、この場合には事前に美容院に現在治療中であることを伝えておかないと、他のお客さんに伝染する危険性があるので、注意が必要です。
さらに、蚊取り線香に含まれる成分を利用したパウダーやシャンプーで治療するのも有効です。


スポンサーリンク