アタマジラミ 坊主

アタマジラミは坊主にして治療する必要があるの?


一般的に衛生面で問題が少ない日本ではシラミなどの病気は余り関係のないような印象を受けますが、実は不潔にしていなくても知らないうちに、シラミに感染している事があります。
シラミに関係する病気の原因となるシラミとして有名なのがアタマジラミです。
アタマジラミとは寄生虫の一種で頭に寄生するシラミです。
症状としては主にシラミが血液を吸いとる際に注入するアレルギー成分によって引き起こされる痒みとその痒みから頭をかきむしる事によって起こる炎症があげられます。
アタマジラミは基本的には季節に関係なく発生します。
ただ、時期としては夏に感染する事が比較的多く、それはシラミが寄生する際の感染経路が主にプールや頭皮の接触などによることに関係しています。


スポンサーリンク


次にアタマジラミに感染した際の対処法について記述していきます。
一般的に頭にシラミが寄生した場合には、坊主にして治療しなければならないと思われていますが、必ずしも坊主にしなければならないという訳ではありません。
放置しておくと大量に繁殖してしまい大変なことになりますが、病状が初期の場合には以下の方法で駆除する事が可能です。
第一にシャンプーをして、泡立ててから少し時間をおいて洗い流す事です。
シラミの幼虫や成虫はシャンプーの際に、泡立てて洗う事で簡単に窒息死してしまうのです。
泡立ててから少し時間をおくという点が大切です。
第二に梳き櫛で丹念に髪を毛根から丁寧に梳いてゆく事です。
シャンプーをしっかりとしてから梳き櫛で入念に梳いてゆく事を数日間行う事で完全にシラミを取り除く事ができます。
このように対処法としては余り大げさな方法をとる必要はありません。
しかし時期や清潔不潔に関係なく大人も子供も感染する可能性のある病気ですので、普段からプールや頭皮の接触などがあった場合にはこの病気に気を付けるようにするべきです。


スポンサーリンク